靴下に関する情報が満載!

がんばるSOX

暖かい靴下を履いてエコに過ごそう

冬場は暖房費がかさむため、エコな方法で暖を取りたいものです。
体を温めるためには3つの首を温めるとよいとされています。
首、手首、足首を温めることで全身が温まるということです。
特に足は、冷え性を抱えている人も多く、なるべく温めたほうがよいとされている部分でもあります。
冬場に暖かく過ごすためには、足首をしっかり保護できる暖かい靴下を履くことがおすすめです。
室内がフローリングの場合は、薄い靴下や裸足でいると体感的に寒く感じてしまうことが多いので、そのようなものは避けたほうがよいです。
おすすめの素材は、フリースやウールなど厚手のものです。
さらに冷えが強い場合は中に薄手のものを一枚履いてから厚手のものを履くとさらに保温効果を感じることができます。
最近では足首のないスニーカータイプというものが多く売られていますが、冬は特に足首を意識して、足首のついた靴下を選ぶかレッグウォーマーなどをプラスして温めることが効果的です。

履き心地が良く暖かい靴下の選び方について

靴下は歩行の際に足が受ける衝撃を吸収する緩衝材としての用途がある他、体温を逃がさない役割も併せ持っています。
足は人体の中でも冷えやすい性質があるため、血行障害やあかぎれなどのトラブルに見舞われることがあります。
暖かい靴下を履くことで保温性を向上させてトラブルを回避することが出来ますが、長時間履き続けることが前提なので歩行を妨げない作りであることが重要な条件になります。
保温性を向上させるためには厚手の生地を用いるのが一般的ですが、サイズが合わないと足が滑ることがあるので注意が必要です。
また、靴の履き心地にも影響を与えるので生地の厚さや材質にも気を配るように心がけます。
近年では繊維の改良により薄い生地でも暖かい製品が広く普及していることから、伸縮性が低い靴にも対応できる靴下を選ぶことが可能になっています。
足元の保温は体調管理の重要なポイントなので、履き心地が良く暖かい一足を選ぶことが健康的な生活を営むための条件になります。

 

おすすめWEBサイト 5選

草加市のペット火葬
http://www.nansaikaikan.com/

最終更新日:2016/6/9